猫の日(2月22日)に想ったこと

こにゃにゃちは~(ΦωΦ) 行政書士の池です。 ごあいさつで震え上がった方がいたら,すみません(笑) ちょっと経ってしまいましたが,2月22日は,猫の日でしたね。 にゃんにゃんにゃん,で猫の日だと思うのですが,うちの猫ズは,あまり「にゃん」とは言いません。「わ~ん」「ま~ん」「な~」「みゃん」「ま~ぉ」「あ~ぉ」…みたいな感じです。 いや,それはいいとして, 猫の日って,世の中ではどういうことが行われているんでしょうね?? テレビの特集とか,ありますね。 猫のかわいさに,悶えている視聴者の方も多いのではないでしょうか? 私,「猫の日」と言って,メディアが取り上げたりするの,実は少し怖いんです。 猫ブームとかチワワブームとか,さもペットを「流行り」みたいにメディアで取り上げられたりしていますが,ペットはブランド品とかファッションではないから,流行り廃りがあるとかのような言い方をして欲しくないなぁと。 「猫の日」にそんなことを思ってしまいました。 今日はちょっと心の内を暴露させて頂きますと, 正直なところ,私はペットショップさん,実はあまり賛成派ではありません。 もちろん,命を大事に思って販売されているペットショップさんが多い,と思いたい! でも,「売る」ということは,ペットショップからすれば,「仕入れ」が必要な訳ですので,「仕入れ」の際に「命」が競りやオークションに掛けられています。 競りやオークションに掛けられること自体は,お店で売られる以上は,仕方がない気もします。 しかし,その過程とやり方が大いに問題で, 子犬や子猫は,ただ段ボール箱に詰められた状態で箱を積み上げて運ばれ,

遺言書は書いたほうがいい?いつ書く?

こんにちは! 司法書士・行政書士の持田仁子です。 突然ですが、 私は、60代までの間に、遺言書を書こうと決めています。 今日本人の平均寿命は、男女ともに80歳を超えていますが、 健康寿命は、70代。 ということは、 70代には、遺言書を書くほど元気ではなくなるかもしれないと思っているからです。 「遺言書」というと、 「うちは大した財産ないけんね~」と言われる方も多いですが、 財産の多い少ないにはあまり関係がないかな、と感じています。 自分が死んでしまったら、 当然ですが、家族や友人などに伝えたいことがあったとしても伝えられません。 自分が死ぬ瞬間に、 「あれも言っておきたかったな」 と思いながら死ぬのはいやなので、 日ごろから想いを伝えることが大事です。 でも、財産に関しては、 伝えておくだけでは不十分です。 遺言書を書いたほうがいいかどうかのポイントは、 誰にどの財産を引き継いで欲しいかについて考えがあるかどうか です。 考えがあるのであれば、ぜひ書きましょう。 遺言書に書いておけば、その想いが実現します。 ときどき、 誰が何をどのくらい相続してもかまわない、 もめそうな感じもない、 または、もめそうな気がするけど、もめてもかまわない、 という方がいらっしゃるのですが、 そのような方には遺言書は必要ないかもしれません。 相続手続きの相談を受けていると、 「あの人は何でもきちんとしていた人だったのに、 遺言書だけは書いてくれてなかったっちゃんね~」 というお話をされることがよくあります。 どんなにきちんとした方であっても、 なかなか「遺言書を書こう!」と向き合うタイミングがな

2月は逃げる…!

こんにちは!行政書士の平田です。 気がつけば2月も終盤ですね。 ついこの間お正月を迎えた気もしますが(・_・;) 月日の過ぎるのはあっという間ですね。 先週、福岡県行政書士会の西福岡支部による相談会に参加しました。 相談会に来てくださった方々のご相談は、9割が相続に関するご相談でした。 大切なご家族が亡くなり、これから相続の手続きが必要なのは分かっているけれど、 何から進めていったらよいのか分からない、という方も多かったです。 今年は相続法が改正されますし、相続に関してもっと勉強をして、 困っている方のお力になれるよう、精進しようと思いました。 さて、写真は博多蕾菜です。 糸島でお世話になっている方に教えていただいて、初めておいしさを知りました。 スーパーで見かけると、ついつい買ってしまいます。 春が来ているな~と感じる野菜ですね。 #相続 #相談会

悩ましい問題・・・

こんにちは! 司法書士・行政書士の持田仁子です。 今週は、公証人と今度作成する公正証書の文案の打ち合わせをしたり、 成年後見の報告書を作成したり、 不動産の賃貸借契約書作成に関するご相談を受けたり、 失踪宣告の申立書を作成した案件で、 家庭裁判所に調査官の審問のため申立人の方が行くのに付き添ったり、 なんだかんだであっという間の一週間でした。 わりと事務所にいる時間が長くて、 ゆったりした一週間になるかな~と思っていたのですが、 このくらい予定が詰まりすぎないぐらいが じっくり取り組めたり、余裕ある心で対応できたりしてよいな~と思ったりしました。 それでもなかなか思い通りには調整できないですが・・・ さて、昨日から私を悩ませている問題が・・・ 2歳の娘がいるのですが、 昨日から突然、 「これはおまえのしわざか!」 と独り言を言っているのです。 そんな言い方は家ではしていないはずなので、 聞いた瞬間、 「!?」(・・・何かの聞き違いかな?) と思ったのですが、 その後も、何の脈絡もなく、 ときどき突然また言うのです。 いったいどこで覚えてきたのか、 おそらく保育園で読んでもらった絵本かな~などと思っていますが、 2歳の子どもの口から出る言葉にしてはなかなか刺激的で、 ちょっとドキドキしてます・・・ 最近は、聞いた言葉をすぐ覚えるようになってきているので、 成長が嬉しい反面、 自分の言葉遣いも気をつけようということで、 ひとまず心を落ち着けました(笑)。 ちなみにすでに娘はバリバリの博多弁で、 どっこらしょ、が口癖です(笑)。 きっといろんな言葉を覚えながら、 自分の言葉で話すよ

福岡市 入札参加資格申請期間

こんにちは!行政書士の池です。 2019年2月4日(月)~3月8日(金)まで,平成31・32・33年度の福岡市の入札参加資格申請期間です。 (※新元号の発表までは,「平成31・32・33年度」と呼ぶそうです。) 入札…というと,建設業者さんが公共工事を請け負う際に,参加されるイメージ,ありますよね? ものすごくざっくりした説明をすれば, 建設業者さんの場合,入札に参加して都道府県や市町村の公共工事を受注するためには, 1.経営事項審査(会社の経営規模・状況を数値にして評価する審査)を受けて,評価結果通知を受け取り, 2.「福岡県」や「福岡市」など工事を発注する自治体に対し,入札参加資格申請をします。 3.入札参加資格(会社の規模によってランクが決まる)を得て,自分の会社のランクの公共工事の競争入札に参加し,請け負う工事を勝ち取る…という流れになります。 今は,福岡市が入札参加資格申請を受け付けている期間(上の流れの2)ということです。 ちなみに,工事のみならず,製造や物品販売,リースなど,他のジャンルの入札も受け付けられています。 福岡市の場合,入札参加資格申請が3年分まとめて行われるため, 前回申請手続きをして,もう3年経つのかぁ…という時の流れを感じます。 この3年間でどれだけ成長できただろうか…と思うと,反省すべき点が多すぎますが(^^;), 新しい時代の幕開けも近いことですし,次は納得の3年後が迎えられるよう, 日々を大切にしようと思います(*^_^*)

事務所おひろめ会(オープンカフェ)のご報告

こんにちは! 司法書士・行政書士の持田仁子です。 事務所名がいとボヌール事務所となったことを記念して、 2月2日(土)13時~17時に、 これまでお世話になった方々への事務所をおひろめ会(オープンカフェ)を開催しました。 オープンの時間から、 途切れることなくいろんな方が来てくださり、 おもてなしをしようと意気込んでいるこちらのほうがたくさん元気をいただいてしまいました。 来てくださった方や行きたかった~と言ってくださった方など、 感謝の気持ちでいっぱいです。 今後も関わってくださるみなさまの「ボヌール(幸せ)」に貢献できるよう、 頑張ってまいりますので、 今後ともいとボヌール事務所をどうぞよろしくお願いいたします! あなたがますます幸せになることをいつも応援しています。 今日もいい一日になりますように。

節分ですね

こんにちは。行政書士の平田と申します。 明日は節分ですね! 「節分」には「季節を分ける」という意味があり、各季節の始まりの日の前日を指します。 季節の始まりの日のうち「立春」は、旧暦では新年の始まりでもあったため、「立春」の前日の「節分」は、大晦日にあたり、1年を締めくくる重要な日とされてきたそうです。 厳しい冬の寒さを乗り越え、ようやく春が来る!という「立春」の前日ですから、 なんだかおめでたい感じがする「節分」ですよね。 節分といえば豆まきです。 私は、学校の行事で行う豆まきに加えて、家庭でも豆まきをする環境で育ちました。また、大学生になり、1人暮らしを始めた後も、節分には豆まきをしていました。 ですので、比較的、節分に豆をまいた部類の人間だと思います。 ただ、我が家は、庭に面した窓から外に向かって「鬼は外!!」と、豆をまくのみでしたので、すでに家の中に侵入している鬼には対応できていないのではないか…?と子供心に感じていました。 窓から外に向かってのみ豆をまくことで、屋外の鬼からの援軍を絶ち、 家の中の鬼を孤立無援の状態としてしまう戦法なのかもしれません。 機会があれば、この豆まきを指導した両親に理由を尋ねてみます。 家の中に豆をまくと片付けが大変だから…と言われそうですが。 さて、季節の区切りの日であり、重要な日である「立春」の前日の「節分」、 の前日(平成31年2月2日)、新体制の事務所のお披露目会をしました!! 新しくスタートする!という意味で、とても良いタイミングでの楽しい会となりました。 来てくださったみなさま、本当にありがとうございました★★ 心よりお礼申し上げ

2月は相続登記はお済みですか月間です

こんにちは! 司法書士・行政書士の持田仁子です。 早いもので今日からもう2月ですね。 事務所を移転したこともあり、1月はあっという間でした。 今年も残り11か月、毎日を大切に過ごしたいと思います。 実は、2月は福岡県司法書士会の「相続登記はお済みですか月間」となっています。 賛同した司法書士の事務所では、相続登記に関する相談を初回は無料で受けていただくことができます。 当事務所も賛同していますので、 2月の間は、相続登記に関するご相談は、初回無料とさせていただきます。 名義が亡くなった方のままになっている不動産をお持ちの方などは、 この機会にお気軽にご相談ください。 あなたがますます幸せになることをいつも応援しています。 今日もいい一日になりますように。 #相続登記 #相続

〒819-0373 福岡市西区周船寺2丁目14-29 エトランゼE 302号室

TEL​(092)210-1410

平日 9:30am ~ 5:30pm (土日祝休)

 ©司法書士・行政書士いとボヌール事務所 

​女性専門職の事務所