旧糸島郡

「旧糸島郡」という言葉、聞いたことはありますか? 旧糸島郡は、糸島半島にあった村が所属していた地域です。 糸島半島の今の地図を見ると、糸島市と福岡市西区の一部とに市町村が分かれていますが、 実は、昔は全部「糸島郡」(「旧糸島郡」と呼びます)でした (現在の福岡市西区今宿青木・上ノ原辺り以西)。 某ネット情報によれば、旧糸島郡は、 1878年(明治11年)行政区画として発足した「怡土(いと)郡」と「志摩郡」が 1896年(明治29年)に合併してできた郡です。 私が生まれ育った福岡市西区今津という所は、「志摩郡」⇒「糸島郡」⇒「福岡市」という変遷を遂げています。今津が福岡市になったのは、昭和17年(1942年)のことのようです。 事務所所在地である周船寺も、「志摩郡」⇒「糸島郡」⇒「福岡市」という変遷を辿った地域で、周船寺が福岡市に編入されたのは、昭和36年(1961年)だそうです。 「歴史的には、割と最近まで糸島郡だったんだ!」という気持ちになる方も いらっしゃるかもしれません。 「糸島」というと、「糸島市」を指すことが多いと思いますが、 私の親世代では「糸島」=「旧糸島郡」という感覚です。 私もそのような感覚で育ったため、 「糸島半島の地域の皆さまのお役に立てる事務所を作りたい」という気持ちでした。 事務所を開設してから、早いもので今年で5年近くが経ちます。 最近は糸島ブームという感じで、糸島市の海岸沿いにオシャレな場所が増えたり、 移住者も増えて来ています。 私の地元(福岡市西区の端っこの方)は、相変わらずの田舎っぷり… …かと思いきや!! さすがは糸島半島。 糸島市の海岸沿

事務所入所のごあいさつ

司法書士・行政書士の持田仁子と申します。 司法書士は平成19年、行政書士は平成27年に登録し、 会社の登記・契約書作成、相続・遺言・成年後見 などを中心に業務を行ってきました。 昨年まで福岡市早良区西新に事務所を置いていましたが、 子育てと仕事の両立をもっと極めたいと悩みに悩んだ末、 自宅に近い西区周船寺に事務所を移転しました。 共同で事務所を経営させていただくことを 快く了承してくださったお二人には 感謝の気持ちでいっぱいです。 年を取るごとに「人は一人では生きられない」を実感する日々ですが、 事務所においても人が増えたことで、 提供できるサービスなど可能性が広がりそうです。 「司法書士・行政書士 いとボヌール事務所」 がみなさまに愛される事務所になるようがんばりますので、 どうぞよろしくお願いいたします。

〒819-0373 福岡市西区周船寺2丁目14-29 エトランゼE 302号室

TEL​(092)210-1410

平日 9:30am ~ 5:30pm (土日祝休)

 ©司法書士・行政書士いとボヌール事務所 

​女性専門職の事務所